壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板




タルコフスキーの映画


アンドレイ・タルコフスキーはソ連時代のロシア映画を代表する監督である。非常に幅の広い作風で、さまざまなジャンルの映画を作った。ソ連の政治に関しては、あまり表立った発言はしていないが、当局からは反体制的と受け取られたらしく、「アンドレイ・ルブリョフ」はソ連内ではなかなか公開できなかったし、晩年には、実質亡命のような形で、海外で映画作りをした。

しかしタルコフスキーは、初めからソ連に対して批判的だったわけではない。出世作となった「僕の村は戦場だった」は、ロシア人としての立場から独ソ戦を描いている。「アンドレイ・ルブリョフ」にしても、ロシアへの批判意識は、すくなくとも画面からはストレートに伝わってこない。ロシア人がタタールのくびきのもとで卑屈に生きていることを描いているが、それがロシア人を侮辱したことにはならないだろう。

タルコフスキーの面白いところは、ソ連版のSF映画と言うべき作品を作っていることだ。「惑星ソラリス」は、ハリウッドのSF映画とは違った、ロシア流のSF映画で、単にストーリーの奇抜さを追求するだけではなく、宇宙開発が人間にとって持つ意味を考えさせるものになっている。

「ストーカー」もSF映画の範疇に入ると言ってよいが、この映画にはもう一つ、深刻なテーマが隠されている。原発災害が人間にもたらすおぞましい影響だ。この映画を作った時には、チェルノブイリの事故はまだ起こっていないが、この映画はそれを予見させるようなところがある。人間が暮らしている場所の近くに、人間を寄せ付けない空間のあることを描いたこの映画は、原発事故が、人間が暮らしていた場所を、人間から奪ってしまうことを描いたものだ。こんな映画を見せられると、原発事故を体験した日本人としては、原発についてあらためて考えさせられる。

原発災害よりもっと深刻な事態と言えば、原爆を使った戦争、つまり核戦争だ。「サクリファイス」は、その核戦争が起った時に、人間はどのように行動するか、またすべきかをテーマにしたものだ。人間にとって究極的なテーマと言えるこのことについて、この映画は黙示録的な視点から描いている。

このようにタルコフスキーの映画は、多彩であるばかりでなく、現代の地球人が抱えている深刻なテーマを、正面から取り上げて描いている。その意味では、非常にテンポラリーな問題意識をもった映画作家と言える。



僕の村は戦場だった:タルコフスキー、独ソ戦を描く
アンドレイ・ルブリョフ:タルコフスキー、ロシア史を描く
惑星ソラリス:タルコフスキーのSF映画
鏡:アンドレイ・タルコフスキー
ストーカー:アンドレイ・タルコフスキー
ノスタルジア:アンドレイ・タルコフスキー
サクリファイス:アンドレイ・タルコフスキー



HOME | ロシア映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2018
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである