壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板



新藤兼人の映画:解説と批評


日本の映画監督のなかでも、新藤兼人はきわめてユニークな存在だ。大手映画会社が君臨していた時代から、新藤は自主独立の態度をつらぬき、したがって自分の作りたい映画だけを作るといった、ある意味では、芸術家としての理想的な態度を貫き通した。その制作姿勢は、「原爆の子」や遺作となった「一枚のはがき」に至るまで、強烈な問題意識に貫かれていた。こんなに自分の問題意識を映画の中で表現し続けた映画監督は、世界中を探しても、そう多くはいない。


シナリオ・ライターとして出発した新藤は、1951年に処女作の「愛妻物語」を作って以来、半世紀以上にわたって映画を作り続けた。遺作となった「一枚のはがき」は、実に99歳の時に作ったものだ。その翌年に新藤は、100歳の寿命を全うして大往生した。

その新藤兼人の問題意識は、いくつかの領域に分類できる。「原爆の子」や「さくら隊散る」に代表されるような核への強烈な批判を押し出したもの。これは言い換えれば社会的な視点を前面化したものと言えるが、そうした社会的な視点は、「縮図」や「どぶ」など、女にとって生きづらい日本社会への批判にも見られる。新藤は、溝口健二や成瀬巳喜男と並んで、日本のおける女性の生きづらさを正面から描いた作家だといえる。

新藤兼人にはまた、女性問題だけではなく、家族問題を取り上げたものもある。「絞殺」は家庭内暴力を描いたものだし、「生きたい」は現代における姨捨山というべきものを通じて、老人問題に焦点を当てた。一方、「鬼婆」や「鉄輪」のように、時代劇を様式的に描いたものもある。「鬼婆」は、新藤自身が自分のもっとも納得できる作品だといっている。

新藤自身の自己評価とは別に、新藤の代表作として国際的に認知されている作品は「裸の島」だ。これは無言劇であるが、離島に暮らす家族の絆を描いたもので、家族とはなにかについて、考えさせる内容になっている。

新藤兼人には、セックスを正面から描いた一連の作品がある。「鬼婆」のなかでは、若い男女が全裸で戯れあう場面が出て来るが、晩年に近づくほど、新藤の映画にはセックス描写が増える。「濹東綺譚」はその最たるものだ。新藤は永井荷風が好きらしく、荷風についての著作もあるが、この映画では、生来好色であった荷風の女遍歴を、赤裸々に描いている。

こんな具合に、新藤兼人は実に多彩な映画作りをしたといえるのだが、それにはかれの長寿も働いている。なにしろ百歳になる直前まで映画を作り続けたのである。ここではそんな新藤兼人の代表的な作品を取り上げて、鑑賞のうえ、適宜解説批評を加えたい。



原爆の子:新藤兼人の映画の世界
縮図:新藤兼人の世界
どぶ:新藤兼人の世界
裸の島:新藤兼人の世界
鬼婆:新藤兼人の世界
藪の中の黒猫:新藤兼人
裸の十九才:新藤兼人の世界
鉄輪:新藤兼人
ある映画監督の生涯:新藤兼人の溝口健二へのオマージュ
竹山ひとり旅:新藤兼人の世界
絞殺:新藤兼人
北斎漫画:新藤兼人
さくら隊散る:新藤兼人
濹東綺譚:新藤兼人
午後の遺言状:新藤兼人の世界
生きたい:新藤兼人
三文役者:新藤兼人
新藤兼人監督の「一枚のはがき」を見る

HOME内容のページへ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである