壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




日本のやくざ映画


戦前から戦後にかけての任侠映画から、高倉健を代表とするやくざ映画を経て、仁義なき戦いシリーズまで、日本映画にもやくざ映画の太い流れがある。日本のやくざ映画の最大の特徴は、人と人との間に成立する人情を重視する点だ。その点は、人間の感情など屁とも思わないギャングたちが登場するアメリカのヤクザ映画などとは根本的に違うところだ。ここでは、そんな日本のやくざ映画の魅力に迫る。作品を鑑賞しながら、適宜批評したい。



日本侠客伝:マキノ雅弘
網走番外地:石井輝男
昭和残侠伝:佐伯清
昭和残侠伝唐獅子牡丹:佐伯清
仁義なき戦い:深作欣二
仁義なき戦い 広島死闘篇:深作欣二
仁義なき戦い 代理戦争:深作欣二
仁義なき戦い 頂上作戦:深作欣二
極道の妻たち:五社英雄



HOME日本映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである