壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板




ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti)


ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti)は、ヴィットリオ・デ・シーカやロベルト・ロッセリーニと並んで戦後イタリア映画を代表する作家だが、所謂ネオ・レアリズモとは一風変わった映画を作った。本人は、自分もネオ・レアリズモから出発したといっているが、処女作の「郵便配達は二度ベルを鳴らす」は、どう見てもネオ・レアリズモとは言えない。

ヴィスコンティの神髄は、ネオ・レアリズモのように庶民と社会との葛藤を描くことではなく、人間同士の葛藤を描くことにあったと思われる。彼の作品の多くが、有名な小説を原作としていることにも、それは現れている。


ただし、ヴィスコンティは家族を考えさせるような映画を作っている。「ベリッシマ」は親子の情愛を描いたものだし、「若者のすべて」は兄弟愛を描いている。「家族の肖像」は本物の家族を描いたものではないが、老人の家族へのあこがれがテーマだ。こうした家族への視線には、もしかしてネオ・レアリズモとの共通性を指摘できるのかもしれない。

彼の姓であるヴィスコンティとは、イタリア語で子爵を意味する。彼は実際に貴族の出自なのである。その彼が家族の愛にこだわったのは、面白いことだ。ここではそんなルキノ・ヴィスコンティの代表作を取り上げ、鑑賞しながら適宜解説・批評を加えたい。




郵便配達は二度ベルを鳴らす(Ossessione)
ベリッシマ(Bellissima)
若者のすべて:ルキノ・ヴィスコンティ
地獄に堕ちた勇者ども:ルキノ・ヴィスコンティ
ヴェニスに死す(Morte a Venezia)
ルードヴィヒ:ルキノ・ヴィスコンティ
家族の肖像:ルキノ・ヴィスコンティ


HOMEイタリア映画内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである