壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



中東関係映画


中東といえば、パレスチナをめぐるイスラエルとアラブ世界との対立がもっとも大きな問題だ。この対立は、パレスチナにユダヤ人がやってきて、ついにイスラエル国家を建設したことに始まる。イスラエル国家の建設は第二次世界大戦後の1948年だが、ユダヤ人は20世紀の初頭からパレスチナにやってきた。その移入の流れを支えたのは、ヨーロッパのユダヤ人の間で盛んになったシオニズム運動だった。

イスラエル国家の建国は、イスラエルとアラブ諸国との対立を先鋭化させ、四度にわたる大きな戦争をひきおこした。最初の戦争はイスラエル建国に伴うものだが、その戦争にユダヤ人は圧勝して、イスラエル国家の基礎を固めた。それにともない、従来パレスチナに住んでいた大勢のアラブ人が難民となった。

1968年の第三次中東戦争は、イスラエルの大勝利に終わり、ヨルダン川西岸やガザ地区もイスラエルの支配下になった。それにともない、そこに住んでいたアラブ人も難民化した。

アラブ諸国は、最初は一致してイスラエルに対抗していたが、度重なる敗北を経て、次第にパレスチナ問題にかかわることをやめるようになった。そこでイスラエルによるパレスチナ人への迫害がひどくなっていった。いまや、イスラエルは占領地区を併合する動きを露骨にみせている。それに対して、国際社会はほとんどなにもしないでいる。そんななかでパレスチナ人は絶望の度合いを深めている。

中東問題については、映画がこれを正面から取りあげることは、ほとんどなかったのであるが、21世紀に入ると、まずパレスチナ人の立場から、イスラエルの迫害を糾弾するような映画が作られるようになった。「オマールの壁」とか「パラダイス・ナウ」は、パレスチナ人によるイスラエル批判の作品である。また、「クロエの祈り」のように、ヨーロッパの視点からパレスチナ人の境遇に同情するような作品も作られた。

一方、イスラエルの立場から、中東問題を取りあげた作品も現われた。「レバノン」はイスラエルによるレバノン侵攻をテーマにしたものだし、「ミュンヘン」はミュンヘンオリンピックにおけるパレスチナ人によるテロへのイスラエルの報復をテーマにしたものだ。どちらもイスラエルの行動を正当化しているのは、ユダヤ人としての立場からはやむをえないものがあるが、しかし手放しでイスラエルを讃えているわけではない。

ここではそんな中東問題に関係する映画作品を取りあげて、その今日的な意義について考えてみたい。



オマールの壁:パレスチナ人を描く
パラダイス・ナウ:ハニ・アブ・アサド
クロエの祈り:パレスチナ問題を描く映画
レバノン:イスラエルのレバノン侵攻を描く
ミュンヘン:スティーヴン・スピルバーグ
約束の旅路:エチオピアのユダヤ人


HOME アジア映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2020
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである