壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真西洋哲学 プロフィール掲示板



深作欣二の映画:解説と批評


深作欣二といえば、1970年代に一世を風靡した「仁義なき戦い」の印象があまりにも強烈なので、やくざ映画の巨匠としてのイメージが強い。たしかに深作はやくざ映画を多く手掛けており、やくざ映画以外のアクション映画も多く作っている。そういう点では、アクション映画を得意とした監督といってよいかもしれない。しかし、それだけではない、「柳生一族の陰謀」のような時代劇や、「人生劇場」、「火宅の人」といった文芸もの、「忠臣蔵外伝 四谷怪談」のようなホラー映画も作っている。結構幅広いジャンルの作品を手掛けているのだ。


「仁義なき戦い」シリーズは、日本映画の常識を覆すものだった。それまでの日本のやくざ映画と言えば、任侠映画が主流で、義理と人情の間を揺れ動く男の世界を描いていた。高倉健演じるやくざはそうした映画の典型的なヒーローだった。ところが深作欣二の映画に出て来るやくざたちは、義理と人情など屁とも思っていない。かれらは打算だけで生きており、自分の目的を貫くためには、容赦なく暴力を振るう。その暴力の表現が、深作の映画の場合はあまりにも強烈で、えげつないともいえるほどだったので、日本社会に大きなショックを与えたのだった。菅原文太が演じるやくざは、冷徹な打算のうえで、あたかもゲームをしているような感覚で暴力を振るう。その暴力の描写は、日本映画にそれまでなかったものだ。そうした暴力の描き方は、それなりの影響を日本映画に残したといえる。それをもっとも強く相続したのは北野武であろう。

1970年代の終わり頃からは、やくざ・アクション映画以外のジャンルも積極的に手掛けるようになった。大きな転機となったのは、1981年に蔵原惟人と共同で作った「青春の門」と、その翌年に単独で監督した「道頓堀川」、「蒲田行進曲」だろう。「道頓堀川」は大都会の一角で慎ましく生きる庶民の生活ぶりを描いたもので、やくざ映画とは対極の雰囲気をもったものだった。また「蒲田行進曲」は、松竹蒲田撮影所のありし日の青春群像を描いたもので、これもやくざ映画とは対極的な雰囲気をもったものだった。

1983年の「人生劇場」は、尾崎士郎の有名な小説を映画化したもの。「青春の門」はこの小説にインスパイアされて書かれたというが、以前「青春の門」を手掛けた深作欣二としては、本家の小説を映画化したわけである。

「仁義なき戦い」が日本のやくざ映画をある意味代表するとすれば、1986年の「火宅の人」は、深作映画の集大成といえるのではないか。檀一雄の自伝的な小説を映画化したこの作品は、色々な意味で日本人の日本人らしさを物語っている。我々現代日本に生きているものは、この映画を通じて、日本人とは何かを強く意識させられるのである。

ここではそんな深作欣二の作品世界の魅力について、代表作を取り上げながら、適宜解説・批評していきたい。



仁義なき戦い:深作欣二
仁義なき戦い 広島死闘篇:深作欣二
仁義なき戦い 代理戦争:深作欣二
仁義なき戦い 頂上作戦:深作欣二
やくざの墓場 くちなしの花:深作欣二

道頓堀川:深作欣二
蒲田行進曲:深作欣二
人生劇場:深作欣二
上海バンスキング:深作欣二
火宅の人:深作欣二
華の乱:深作欣二
忠臣蔵外伝・四谷怪談:深作欣二


HOME 日本映画









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2019
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである