壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板



木下恵介の世界


黒沢明と共に、戦後の日本映画をリードした巨匠、木下恵介の代表作を鑑賞する。木下恵介の映画は、芸術性と言う点で黒沢より低く見られていたが、時代に対する批判的視点とか、ヒューマニズムに溢れた抒情性とかが、近年海外で高く評価されるようになり、それに伴って、日本映画史における木下恵介の位置づけも高まりつつある。



陸軍:木下恵介の世界
カルメン故郷に帰る:木下恵介の世界
日本の悲劇:木下恵介の世界
二十四の瞳:木下恵介の世界
夕やけ雲:木下恵介の世界
喜びも悲しみも幾歳月:木下恵介の世界
楢山節考:木下恵介の世界
笛吹川:木下恵介の世界



HOME内容のページへ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである