壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館美術批評東京を描く水彩画動物写真ブレイク詩集西洋哲学 プロフィール掲示板




アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)


アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)は、世界映画史上最高のミステリー・サスペンスの巨匠と言われる。ヒッチコックの映画は、それ自体が傑作ぞろいであるばかりでなく、世界のミステリー映画に甚大な影響を及ぼした。しかも、その評価はミステリーの巨匠というのみでなく、映画の巨匠という栄誉にも浴している。ヒッチコックの映画「めまい」は、世界映画史上最上傑作との評価を、多くの映画評論家によって受けている。



三十九夜(The 39 Steps)
バルカン超特急(The lady vanishes)
レベッカ(Rebecca)
海外特派員(Foreign Correspondent)
断崖(Suspicion)
迷走迷路(Saboteur)
疑惑の影(Shadow of a doubt)
白い恐怖( Spellbound )
汚名( Notorious )
ロープ( Rope )
見知らぬ乗客( Strangers on a Train )
ダイアルMを廻せ(Dial M for Murder)
裏窓(Rear Window)
知りすぎていた男(The Man Who Knew Too Much)
めまい(Vertgo)
北北西に進路を取れ(North by NorthWest)
サイコ(Psycho)
鳥(The Birds)



HOME内容へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである