壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板




東欧の映画:名作の解説と批評


東欧諸国の映画が国際レベルに達するのは、ポーランドを除いては、1990年代以降のことである。ソ連及び東欧の社会主義体制が崩壊し、冷戦が終わって東欧諸国に自由化の波が押し寄せて以来、映画も国際的な市場の動きに乗ったわけである。

ポーランドの映画は、すでに1950年代後半には世界的な注目を浴びていた。それには、アンジェイ・ワイダとかイエジー・カヴァレロヴィチといった才能ある映画作家が現れたという事情があったが、かれらに映画製作を可能にさせたのは、ポーランドが東欧諸国の中では例外的に、自由な雰囲気に恵まれていたからだ。

アンジェイ・ワイダはポーランド映画を象徴するような映画作家だ。かれは当初、対独レジスタンスに焦点をあてた映画作りをしていたが、そのうち次第に、ポーランドの社会主義体制を批判する映画を作るようになった。対独レジスタンスも、社会主義批判も、西側の映画界にとっては親和的な話題であるから、ワイダは西側の映画界から高い評価を受けた。

それに対して、カヴァレロヴィッチやポランスキーといった作家は、あまり政治性を感じさせないような映画を作った。だが、ポランスキーは自身ユダヤ人としてゲットーを生き延びた体験があるので、それを映画にぶつけた。「戦場のピアニスト」は、ポーランドで作った作品ではないが、ポーランドで起こったユダヤ人へのホロコーストをテーマにしたものである。

ハンガリーやルーマニアでは、自由化以後高い水準の映画が作られるようになるが、やはり政治的なメッセージ性の強い作品に佳作が多いようである。ハンガリー映画「サウルの息子」はやはりナチスのホロコーストをテーマにしており、ルーマニア映画「汚れなき祈り」はチャウチェスク体制への批判を込めていると受け取られた。

冷戦後、ユーゴスラヴィアの解体に伴い、旧ユーゴ構成国の間で、激しい対立・紛争が起きた。そこで、その紛争をテーマにした映画が多く作られた。セルビアの映画作家エミール・クストリッツァはそうした民族間紛争をテーマにした映画を多く作った。クロアチア、ボスニア、マケドニアの紛争をテーマにした作品も作られた。旧ユーゴ諸国は、東欧諸国ではもっとも激しいい紛争を経験したわけで、その経験が一連の優れた映画を生みだしたといえる。

ここではそんな東欧諸国の映画の中から、名作といわれるものを取り上げ、鑑賞のうえ適宜解説・批評を加えたい。



ポーランドの映画
水の中のナイフ:ロマン・ポランスキーの映画
袋小路:ロマン・ポランスキーの映画
戦場のピアニスト:ロマン・ポランスキ
夜行列車:イェジー・カヴァレロヴィチ
ソハの地下水道:アニエスカ・ホランドの映画
パプーシャの黒い瞳:ジプシーを描く

アンジェイ・ワイダの映画
世代:アンジェイ・ワイダのレジスタンス映画
地下水道:アンジェイ・ワイダ
灰とダイアモンド:アンジェイ・ワイダの映画
大理石の男:アンジェイ・ワイダの映画
カティンの森:アンジェイ・ワイダ
ワレサ 連帯の男:アンジェイ・ワイダの映画
残像:アンジェイ・ワイダ

ハンガリーの映画
サウルの息子:ネメシュ・ラースロー
心と体と:エニェディ・イルディコの映画

ルーマニアの映画
私の、息子:ルーマニア映画

バルカン(旧ユーゴスラヴィア)の映画
サラエボの花:民族紛争の傷跡
ビフォア・ザ・レイン:マケドニアの民族対立を描く
灼熱:クロアチアの民族対立を描く
ノー・マンズ・ランド:ボスニア内戦を描く

エミール・クストリッツァの映画
パパは、出張中!:エミール・クストリッツァ
ジプシーのとき:エミール・クストリッツァ
アンダーグラウンド:バルカン半島現代史
黒猫・白猫:エミール・クストリッツアァ
ライフ・イズ・ミラクル:エミール・クストリッツァ
オン・ザ・ミルキー・ロード:エミール・クストリッツァ



HOME









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである