壺齋散人の 映画探検
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集プロフィール掲示板



フランス映画の世界:解説と批評


リュミエール兄弟が劇場用映画を発明したときから、フランス映画は常に世界の映画をリードしてきた。サイレント映画の時代には、フランスはロシアと並んでモンタージュ技法の開発に最も貢献したし、トーキーの時代になってもフランス映画は世界の映画界をリードし続けた。

フランス映画の最初の全盛時代は1930年代に訪れた。サイレント映画でも傑作を作っていたルネ・クレールが、「自由を我らに」などの社会派映画やら「パリの屋根の下で」などのロマンス映画を作って、世界中の映画ファンに喝采された。クレールの映画はチャップリンにも影響を与えたといわれ、その水準の高さは、折り紙つきだった。

1930年代のフランス映画はまた、ジャン・ルノワール、ジュリアン・デュヴィヴィエ、マルセル・カルネといった巨匠たちを輩出した。ジャン・ルノワールは、ジャン・ギャバンを主演に起用して「大いなる幻影」を作り、人間同士の国境を越えての友情を描いた。ジュリアン・デュヴィヴィエもジャン・ギャバンを多く起用し、「地の果てを行く」とか「望郷」といった情緒あふれる映画を作った。

またマルセル・カルネは、ナチス占領時代にあって、多くの映画人が亡命したり沈黙を守っていたときに、「悪魔が夜来る」のような映画を作り、歴史に題材をとりながらも、同時代のフランス人の自由へのあくことなきこだわりを、世界中にアピールした。カルネの映画には、多くのフランス人が勇気づけられたといわれる。カルネは自分自身の安全を危険にさらしても、ユダヤ人と積極的に協力したことでも知られている。そんな彼の解放直後の映画「天井桟敷の人々」は、フランス映画史上最高傑作の一つに位置付けられている。

戦後のフランス映画も、戦前から活躍していた監督たちがひきつづき活躍するほか、ルネ・クレマンやルイ・マルといった個性的な映画監督が現れた。また、1960年代には、ヌーヴェル・ヴァーグと呼ばれる運動がフランス映画を彩ることとなり、フランソワ・トリュフォ、ジャン・リュック・ゴダール、クロード・シャブロルといった新しいタイプの映画作家たちが活躍した。その中で注目すべきはルイス・ブニュエルだ。ブニュエルはスペイン人ではあるが、フランス映画界で活躍し、ある意味もっともフランスらしい映画を作った。それはフランス人のもっとも本質的な属性である背徳性を、真正面から描いたものだった。

その後もフランス映画は、アメリカ映画と並んで、世界の映画をリードし続けている。このサイトでは、そんなフランス映画を代表する作品を選んで、鑑賞のうえ解説批評を加えたい。


ルネ・クレール
パリの屋根の下(Sous les toits de Paris)
ル・ミリオン(Le Million)
自由を我等に(A nous la liberté)
最後の億万長者(Le dernier milliardaire)
悪魔の美しさ(La Beauté du diable)
夜毎の美女(Les belles de nuit)

ジャック・フェデー
外人部隊(Le grand jeu)
ミモザ館(Pension Mimosas)
女だけの都(La Kermesse héroïque)

ジャン・ルノワール
どん底(Les bas-fonds)
大いなる幻影(La grande illusion)
ゲームの規則(La règle du jeu)
河(The River)

ジュリアン・デュヴィヴィエ
白き処女地(Maria Chapdelaine)
ゴルゴタの丘(Golgotha)
地の果てを行く(La bandera)
望郷(Pépé le Moko)
パリの空の下セーヌは流れる(Sous le Ciel de Paris coule la Seine)

マルセル・カルネ
霧の波止場(Le Quai des Brumes)
北ホテル(Hôtel du Nord)
陽は昇る(Le Jour se lève)
悪魔が夜来る(Les Visiteurs du Soir)
天井桟敷の人々(Les Enfants du Paradis)
愛人ジュリエット(Juliette ou la Clef des Songes)
嘆きのテレーズ(Thérèse Raquin)

ルネ・クレマン
鉄路の戦い(La Bataille du Rail):ルネ・クレマン
海の牙(Les Maudits):ルネ・クレマン
鉄格子の彼方(Au-delà des grilles)
禁じられた遊び(Jeux interdits)
居酒屋(Gervaise):ルネ・クレマン
太陽がいっぱい(Plein Soleil)

ジャン・コクトー
美女と野獣(La Belle et la Bête)
双頭の鷲(L'aigle à deux têtes)
恐るべき親たち(Les parents terribles)
オルフェ(Orphée):ジャン・コクトー

第二次大戦後のフランス映画
肉体の悪魔(Le Diable au corps):クロード・オータン=ララ
花咲ける騎士道(Fanfan la Tulipe):クリスチャン・ジャック
モンパルナスの灯(Les Amants de Montparnasse):ジャック・ベッケル
恐るべき子供たち(Les Enfants Terribles):ジャン=ピエール・メルヴィル
恐怖の報酬(Le Salaire de la peur):アンリ=ジョルジュ・クルーゾ
眼には眼を(Oeil pour Oeil):アンドレ・カイヤット
現金に手を出すな:ジャック・ベッケル

ルイ・マル
死刑台のエレベーター(Ascenseur pour l'échafaud)
恋人たち(Les Amants)
地下鉄のザジ(Zazie dans le métro)
鬼火(Le Feu follet)
好奇心(Le Souffle au Coeur)
ルシアンの青春(Lacombe Lucien)

ルイス・ブニュエル

アンダルシアの犬(Un Cien Andalou)
忘れられた人々(Los Olvidados)
小間使いの日記(Le Journal d'une femme de chambre)
昼顔(Belle de Jour)
銀河(La Voie lactée)
哀しみのトリスターナ(Tristana)
ブルジョワジーの秘かな愉しみ(Le Charme discret de la bourgeoisie)
欲望のあいまいな対象(Cet obscur objet du désir)

ヌーヴェル・ヴァーグ映画
大人は判ってくれない(Les Quatre Cents Coups):トリュフォー
ピアニストを撃て(Tirez sur le pianist):フランソア・トリュフォー
突然炎の如く(Jules et Jim):フランソワ・トリュフォー
華氏451:フランソア・トリュフォ
勝手にしやがれ(À bout de souffle):ジャン・リュック・ゴダール
軽蔑(Le Mépris):ジャン=リュック・ゴダール
気狂いピエロ(Pierrot Le Fou):ジャン・リュック・ゴダール
小さな兵隊(Le petit soldat):ジャン・リュック・ゴダール
素敵な悪女(Et Dieu créa la femme):ロジェ・ヴァディム
いとこ同志(Les cousins):クロード・シャブロル





HOME









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである